無料トライアル

Language switcher

–Hidden comment

Use attributes in format region_from and region_to= to change the languages showing in language switcher.
Available regions are:
europe_from europe_to
asia_from asia_to
mideast_from mideast_to
america_from america_to

Example:
europe_from=0 europe_to=22 will put all languages (ordered in language switcher settings) from 1 to 21 to Europe region:
asia_from=22 asia_to=25 will put all languages from 23 to 24 (so only 2) into Asia region.

Shopify

Shopifyとは?

Shopifyは、製品やサービスを販売するオンラインストアを作成するために使用されるEコマースプラットフォームです。Shopifyには、ドロップシッピング、プロダクトマーケティング、さまざまなタイプの支払い方法、顧客エンゲージメントツールなど、数多くの優れた機能が搭載されています。Shopifyを使えば、簡単に新しいEストアを立ち上げ、製品やサービスの販売を開始することができます。 

Shopifyは、とても簡単に操作できるので、すべての起業家にお勧めできるプラットフォームです。Shopifyを使えば、時間とお金を節約して、ビジネス以外の側面に集中することができます。

どのように使用するのですか?

Shopifyとの統合を利用して、顧客やクライアントに迅速かつ効率的なサポートを提供することができます。LiveAgentでは、カスタマーサポート用の電子メールを追跡したり、電話サポートを提供したり、ウェブページにプリセットされたデザインのリアルタイムライブチャットボタンを配置することができます。

あなたの店のウェブサイト上でライブ チャット ボタンを持つことは、あなたの顧客が製品情報、問題などについて問い合わせるために使用する、手間のかからない選択肢となるため、有益です。これにより、顧客エンゲージメントと顧客満足度を大幅に向上させることができます。 

Shopifyとの連携でどのようなメリットがありますか?

  • すべてのチャネルでシームレスに顧客を管理
  • お客様への迅速なサポート 
  • お客様のサイトにライブチャットボタンを設置することで、顧客のエンゲージメントと満足度を高めることができます。
  • ライブチャットは、リードやウェブサイトの訪問者を効果的に優良顧客に変えることができます。

LiveAgentのライブチャットボタンをShopifyストアに設置する方法

あなたのウェブサイトにLiveAgentのライブチャットボタンを設置したい場合は、以下の簡単なガイドに従ってください。 

  • LiveAgentを開き、設定 > システム > プラグイン、と進みます。プラグインの一覧の中にShopify との統合があります。見つけたら有効化スイッチをクリックして、緑になったらLiveAgentが再起動します。
LiveAgentプラグインのリストにShopify integration with chat buttonがあります。
チャットボタンによるShopifyとの統合
  • アプリが再起動したら、プラグインリストの一番上にあるアクティブなShopify integration with chat button pluginを見つけて、歯車のアイコンをクリックしてプラグインを設定します。次に、あなたのデータを入力する必要があります。あなたの Shopify ストアの URL、API キー、およびあなたのパスワード。また、あなたの Shopify ストアのライブ チャット ボタンのデザインを選択することができます。
LiveAgentでのShopifyチャットボタンプラグイン設定
プラグインの設定
  • APIキーはShopifyの設定で見つけることができます。Appsに行き、ページの下にあるManage private appsをクリックし、Enable private app developmentをクリックします。すべてのマークをチェックして、Enable private app developmentをクリックします。次に、Create private appをクリックします。
Shopify Appsセクションの下部にあるManage private apps
ページの下部にある Manage private apps オプション
  • アプリに名前を付け、緊急開発者のメールアドレスをフィールドに入力します。次に、Show inactive Admin API permissionsをクリックします。スクロールダウンしてScript Tagsを見つけます。パーミッションをNo accessからRead and Writeに変更します。
ShopifyでスクリプトタグのパーミッションをRead and writeに変更する
スクリプトタグのパーミッションをRead and writeに変更
  • Saveをクリックし、Create Appをクリックします。Admin APIセクションを見つけて、APIキーをコピーします。LiveAgentに戻り、キーを設定に貼り付けます。APIパスワードも同じようにして、Saveをクリックします。統合が完了し、LiveAgentからShopifyストアの顧客とチャットができるようになります。

LiveAgentプラグインでShopifyを統合する方法

この統合を使用すると、LiveAgentアカウントのチケット詳細セクションで顧客の注文を確認できるようになります。以下の統合手順に従って作業を開始してください。

  • LiveAgentアカウントで、設定システムプラグインに移動し、Shopify との統合を見つけ、有効にするボタンをクリックします。これを行うと、LiveAgentが再起動します。その後、プラグイン・リストの一番上にアクティブな統合を見つけることができます。歯車のアイコンをクリックして、プラグインへShopifyのデータを提供する必要があります。
LiveAgentのプラグインリストにShopifyの統合が追加されました。
Shopifyとの連携が有効
  • このプラグインは、あなたのShopifyアカウントのプライベートアプリと連携して使用することができます。Shopifyの管理画面にログインし、Appsセクションに移動します。Create a new private appをクリックしてください。 このオプションが利用できない場合、プライベートアプリの管理を有効にする必要があります。Manage private appsをクリックしてEnable private app developmentをクリックします。すべてのマークをチェックして、Enable private app developmentをクリックします。すると、 Create a new private appが表示されます。
Shopifyで新しいプライベートアプリを作成し、LiveAgentとの統合を行います。
プライベートアプリの新規作成
Shopifyのプライベートアプリの管理をクリックして、統合許可の設定を変更してください。
プライベートアプリの管理を可能にする
  • これで、アプリに名前をつけたり、緊急用のメールを用意することができます。また、デフォルトで無効になっているパーミッションを許可する必要があります。ページの下部にあるReview disabled Admin API Permissionsをクリックします。スクロールダウンしてCustomersを見つけ、パーミッションをRead and writeに設定します。リストの下の方にあるScript tagOrdersも同様にして、Saveをクリックします。
LiveAgentがShopifyのデータにアクセスできるようにパーミッションを手動で変更する
パーミッションをRead and writeに変更
  • これで、目に見える形でAPIキーパスワードが表示されます。APIキーとパスワードをコピーして、LiveAgent Shopifyプラグインの設定に貼り付け、他のオプションを確認して、保存をクリックします。
APIキーとパスワードをコピーして、LiveAgentのShopifyプラグイン設定に貼り付けます。
Shopifyプラグインの設定

Shopifyプラグインがアクティブになっているはずです。あなたの顧客の過去のチケットを見て、右のパネルにあるShopifyボタンをクリックして、チケットビューで顧客の注文を見てください。

LiveAgentでShopifyプラグインが有効になり、チケットビューから顧客の注文を見ることができます。
Shopifyのプラグインが有効

Zapier経由でShopifyを統合する方法

Zapierを使ってLiveAgentとShopifyを接続することは、簡単、迅速、かつ直感的です。一方のアプリのトリガーが、もう一方のアプリのアクションを起動させ、ワークフローを改善します。複数の統合を作成することができ、思い通りに動作するように選択・設定することができます。コーディングの経験は必要ありません。 

ZapierのLiveAgentとShopifyの統合ページ
LiveAgent + Shopify

それでは、手順を見ていきましょう。これまでにZapierインテグレーションを作成したことがない場合は、このリンクをクリックしてZapierアカウントを作成する必要があります。終わったら、ZapierのLiveAgent + Shopifyの統合ページに行きます。

Zapierでトリガーとアクションを選択
トリガーとアクションの選択

スクロールダウンすると、Connect LiveAgent + Shopify in minutesのセクションが表示されます。ここでは、希望するトリガーとアクションを選択することができます。リストの中から好きなものを選んで、接続を作ることができます。例として、Shopifyのトリガー New ProductとLiveAgentのアクションNew Conversationを選択することにします。完了したら、下にある青いボタンをクリックします。

選択されたトリガー 新製品とアクション 会話の作成
新製品は新しい会話を生成します。

さて、トリガーを設定しなければなりません。トリガーアプリのアカウント(ここではShopify)にログインして、トリガーの設定を開始してください。このプロセスは非常に簡単で、いくつかの情報を入力するだけで済みます。

ZapierでのShopifyのトリガー設定
Shopifyの設定

完了したら、トリガーをテストして、思い通りに動作することを確認することをお勧めします。 このステップは省略可能で、Zapier設定プロセスの最後のステップとして終了します。

ZapierでのShopifyのトリガーテスト
トリガーテスト

あとは、アクションを設定するだけです。Eメールなどの必須項目を入力してください。さらにアクションを指定したい場合は、必須ではないフィールドを入力してください。

ZapierでのLiveAgentアクションの設定
LiveAgentの構成

終わったら、統合がうまくいくかどうか、もう一度テストしてみましょう。 何か問題が発生した場合、Zapierは通常、トラブルシューティングのオプションをすぐに提案してくれるので、問題を簡単に解決することができます。しかし、Zapierの統合で問題が発生するのは稀なことです。

LiveAgentとShopifyの統合テストに成功
統合テスト成功

前述のステップを無事に終えれば、統合機能が使えるようになっているはずです。試してみましょう。Shopifyの商品セクションに移動します。

Shopifyの商品セクション
Shopifyの商品

新規に商品を作成し、商品名と説明を記入します。この商品はテストとして使用することができますので、いちいち情報を記入するという長いプロセスを踏む必要はありません。

Shopifyで新しい商品を作る
商品の作成

LiveAgentのチケットを確認してください(数秒以内に新しいチケットが送られてくるはずです)。すべてがうまくいけば、2つのアプリケーションが正常に接続されます。

商品を作成した後にShopifyから送られてきた新しいチケット
LiveAgentでの新しい会話

リードや注文の管理などに役立つ他の機能や統合を自由にチェックできます。 いつでもZapierに戻って、LiveAgentとShopifyの間で他の統合を作成したり、接続したい他のアプリを選択したりすることができます。

よくある質問

LiveAgentのShopify連携とは何ですか?

LiveAgentは、ECショップにライブチャットを導入したいお客様のために、Shopifyとの連携機能を提供しています。

ShopifyとLiveAgentを統合するにはどうすればいいですか?

ここでは、簡単なステップバイステップのガイドをご紹介します。

1. 設定画面への移動

2. システム > プラグインをクリックします。

3. あなたのShopifyストアの情報を記入します。

インテグレーションに戻る 無料アカウントの作成

当社のウェブサイトは、クッキーを使用しています。続けることで、お客様が当社のポリシーに基づいてクッキーを導入することを許可したものとみなします。 プライバシーおよびクッキーポリシー.

×

ネット通話を予約して、LiveAgentがどのようにあなたのビジネスに貢献できるかを確認してください。

複数の日程でご利用いただけます

デモを予約する