無料トライアル

Language switcher

–Hidden comment

Use attributes in format region_from and region_to= to change the languages showing in language switcher.
Available regions are:
europe_from europe_to
asia_from asia_to
mideast_from mideast_to
america_from america_to

Example:
europe_from=0 europe_to=22 will put all languages (ordered in language switcher settings) from 1 to 21 to Europe region:
asia_from=22 asia_to=25 will put all languages from 23 to 24 (so only 2) into Asia region.

タイピングスピードテスト

良いタイピングスピードとは?

良いタイピング速度についての明確な答えはありませんが、多くの人の平均的なタイピング速度はおよそ1分間に40ワード(WPM)です。多くのタイピングを必要とする仕事に応募する場合(ライブチャットで多くのタイピングをしなければならないカスタマーサポートの担当者など)は、1分間に60~80ワードのタイピング能力が必要です。その他のハイレベルなタイピストの仕事(パラリーガル、秘書、トランスクリプションなど)では、100 WPMまでのタイピングが必要になることもあります。

タイピングスピードが重要なのはなぜですか?

雇用者は、短時間でより多くの仕事をこなすことができるため、タイピングの速い人を好みます。しかし、速さのためにタイピングの正確さを犠牲にしないことが重要です。タイピングが速くてもミスが多ければ、書いたものをすべて修正しなければならず、効率的とは言えません。ミスが多い人は、タイピングテストで練習してみてはいかがでしょうか。

Powerful WYSIWYG editor

タイピングスピードテスト powered by LiveAgent

LiveAgentは、史上初のヘルプデスクおよびライブチャットソフトウェアとして市場に登場しました。2003年に発売されて以来、企業が顧客に完璧なサポートを提供するためのサポートを行っています。

試してみませんか?

問い合わせが殺到した場合

チケットの読み込みを減らすために、タイピングのスピードを上げたいと思いませんか?問題ありません。

LiveAgentのツールボックスを活用して、知識が豊富であると同時にパーソナライズされた電光石火の対応でお客様を驚かせることができます。

LiveAgentを使えば、世界レベルのカスタマーサービスを簡単に提供できます。

knowledge-base

タイピングテストは、あなたのビジネスにどのように役立ちますか?

担当者の生産性向上

タイピングスピードが上がると、エージェントの生産性が向上します。エージェントの入力速度が速ければ速いほど、チケットの解決やより複雑なタスクへの移行も速くなります。

解像度の高速化

より速いタイピング速度は、より速い解決時間につながります。当社のライブチャットタイピングテストでタイピング速度を向上させることにより、ライブチャットやソーシャルメディアでの超高速応答で顧客を驚かせましょう。

顧客満足度の向上

お客様は、自分の問い合わせにはできるだけ早く答えてほしいと思っています。速いタイピングスピードと回答時間でお客様を喜ばせ、同時に顧客満足度を向上させます。

コンバージョンと売上の向上

タイピングの速さは、ウェブサイトの訪問者を有料の顧客に変えるのに役立ちます。積極的にライブチャットに参加して、タイピングの速さをアピールしましょう。

よくある質問

タイピングスピードテストとは、1分間に入力できる単語や文字の数を測定するテストです。タイピングテストでは、スピードに加えて、スペルの正確さも測定します。

平均的なタイピング速度は業界ごとに異なりますが、プロのタイピストの平均的なタイピング速度は65〜70WPMです。

WPMとは、words per minute(1分間あたりの文字数)の略です。タイピングテストを受ける際には、1分間に65~70語を入力することを目標にしてください。

CPMとは、1分間に入力した文字数のことで、すべてのミスを含みます。 

タイピングの速度を上げるには、タイピングの練習をして、キーボード上の指の正しい位置を把握することが大切です。タイピングを始めたばかりの頃は、スピードにこだわる必要はありません。打ち始めの頃はスピードにこだわらず、キーボードを見ずに正しいキーを打つことに集中してください。各キーの位置がわかってきたら、スピードを上げてみましょう。タイピングのスピードを上げるには、練習問題を解いて自分の上達を確認するのも良い方法です。

従業員にタイピングのスピードテストを受けてもらうことで、生産性、顧客満足度、そして収益の向上につながります。従業員が顧客の問題を迅速に解決できれば、顧客の満足度も向上します。また、顧客満足度が高ければ、定着率や収益も向上します。

タイピング速度は、カスタマーサービスにおいて重要です。なぜなら、サポートエージェントのタイピング速度が速ければ速いほど、より多くのチケットに回答することができるからです。これにより、チケットの負荷が軽減され、生産性が向上し、顧客満足度が向上します。

タイピングの基本をマスターした後にキーボードショートカットを習得すると、特定の機能を実行するためのクリック数を減らすことができるため、生産性や効率性の向上に役立ちます。

最低でも月に一度は自分のタイピングスピードをテストしてみましょう。タイピングの正確さと速さは筋肉の記憶に依存しているので、それを鍛えたり、タイピングテストでランダムに生成される単語で練習したりするのが良いでしょう。

タイピングスピードが重要なのは、どれだけ速く、正確にタイプできるかを示すからです。多くの企業では、カスタマーサービス、秘書、ノートテイカーなど、特定のタイピストのポジションに適しているかどうかを判断する基準として、タイピングスピードを利用しています。

タイピングを速く練習するには、タイピングテストを何度も行うのが一番です。最初のうちは、筋肉の記憶や指の配置に注意し、スピードよりも正確さを優先することが大切です。徐々に筋肉の記憶が整い、正しいキーが打てるようになってきたら、スピードを重視するようにしましょう。

LiveAgentのタイピングテストは無料です。私たちは、タイピングスキルを練習して完璧にするために、何度も使えるツールを作りたかったのです。

キーボードと指の理想的な配置はありません。しかし、指がキーボード上の位置に違和感を感じないことが大切です。指をわずかにカーブさせたり、手を軽く置いたりして、指がすぐに動けるようにしておくとよいでしょう。

正確さと速さを両立させるためには、キーボードを見ないで、自分の感覚と筋肉の記憶を信じることが大切です。キーボードを見てしまうと、指の動きがおかしくなってしまいます。

すべての雇用者がタイピング速度を気にするわけではありませんが、タイピングを中心とした仕事に応募する場合は、タイピング速度が勝負の分かれ目になることがあります。一般的に、カスタマーサポート担当者、秘書、コピーライター、事務員などは、平均的またはそれ以上のタイピングスピードを持っていないと採用されません。

安心してお任せください!

当社のウェブサイトは、クッキーを使用しています。続けることで、お客様が当社のポリシーに基づいてクッキーを導入することを許可したものとみなします。 プライバシーおよびクッキーポリシー.